エコーWebセミナー連続

こんばんは

タイトルの内容

土曜日は、股関節のエコーばかりの内容

本日のWebセミナーは言い出したらキリがない多岐にわたる内容、添付通り

非常に有意義でした

当院は、整骨院でほぼ導入ないに等しい

コンベックスプローブ、これは県内の整形外科でもメーカーさんより多くないと聞いております

あればよいというのではなく、

通常のリニアプローブで観察できない部分が

コンベックスプローブでは観察できたら

状況により早いMRIなどのより精密な検査に誘導する必要性を患者様に提示することもできる利点があります。

まあ、色々有りますが、

要はシンプル

患者様は治ればよい

しかし、年々科学的根拠に基づいていないと納得されない。

十分な説明と通院頻度、施術方法とその目的

年々必要になってますが当たり前です。

私が逆なら逆にきくでしょう。

お互いの信頼関係は必要不可欠なのは陳腐ですが、言うまでもありません。

その手段の一つにエコーがあります。

そこに進化がいるということです

それを勉強し続けているということです

それも当たり前のことです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA