整骨院 接骨院なら和歌山市和歌浦西の畠中整骨院へ。

理念

的確な評価、患者さん本位の施術により患者さんの早期回復を目指します。

 歴史


初代院長畠中繁太郎が昭和25年より和歌浦で整骨院開院。
ほねつぎ院に電気施術器を設置した近代的センスをもった整骨院イメージ改革の先駆者であった。
2代目院長は行岡整復専門学校を昭和35年に卒業し同年柔道整復師免許取得後、先代院長の下、研修し院長に就任。平成20年4月畠中健が三代目院長に就任、現在に至ります。
「正確に、早く、親切に患者さんを治す」ことをモットーに心掛け、開院から75年の歴史を刻んでいます。 また、伝統と歴史、地域の方々からの信頼を大事にその上で、時代に合わせた、必要であろうものを開拓して温故知新を理念に精進しております。

 

ページトップへ